乳酸菌を多く含む食品を知って食生活を改善しよう|9種類の食品を紹介

乳酸菌,多く含む,食品

お腹の調子を整えるイメージを持つ乳酸菌には、これ以外にも身体に良い効果を与えることが分かってます。

 

そもそも乳酸菌とはブドウ糖から乳酸を作り出す能力を持つ細菌の総称のことを指し、個々に分類すると約600種類もの数が確認されてます。それぞれ厳密に調べるとそれぞれ性質や特徴が異なりますが一般にこの細菌には、腸内を酸性に保って有毒物質を作り出す腐敗菌や病原菌の働きを抑える抗菌作用があるとされます。

 

これによって腸の働きを高めて消化吸収を助けて、便秘や下痢などのお腹周りのトラブルを防ぎます。
この他には乳酸菌には免疫力を高めたり、アトピー性皮膚炎や花粉症の予防などにも高い効果を示します。

 

その為ドラッグストアや薬局を初めとした市場では、この最近を含んだサプリメントを数多く販売しています。
しかし錠剤でなくとも乳酸菌は、日々の食事で摂取することが充分可能です。

乳酸菌を多く含む食品

代表的な食品
  • ヨーグルト
  • ナチュラルチーズ
  • 発酵バター

といった食品が多く含むものとして挙げられます。
これらは一般に動物性食品を発酵してできたものなので、動物性乳酸菌と呼ばれてます。

調味料・加工食品

乳製品以外では調味料や加工食品に用いられることが多く、

  • 漬物
  • 醤油
  • 味噌
  • キムチ
  • ザーサイ
  • ピクルス

といったなどが乳酸菌を多く含んでます。
日本国内で馴染みのあるもの以外にも、世界の伝統的な料理にも多く含有されてます。
この場合動物性食品でなく、大豆や漬け物など植物性の食品を発酵させて作ったものなので植物性乳酸菌と呼ばれます。

 

よく身体に良い栄養素でも過剰摂取は副作用や不調を引き起こすと言われますが、
乳酸菌の場合一部はアレルギー反応を発生させることも有りますが摂りすぎてもあまり体調不良を起こさないと言われます。

↓↓乳酸菌サプリで免疫力の向上が期待できる人気リスト↓↓

>>乳酸菌サプリの人気ランキングはコチラから確認できます!<<