乳酸菌と乳酸菌生産物質の違いとは!乳酸菌の正しい知識を知ろう

乳酸菌,乳酸菌生産物質,違い

腸内環境を良くするためには、乳酸菌などの善玉菌を増やすことが大切なことがわかっています。そのために発酵食品などを意識している人も多くいますが、「乳酸菌生産物質」との違いを理解することでより高い効果を得ることができます。

 

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を生成することでエネルギーを作る細菌の総称のことです。対して、乳酸菌生産物質は代謝物の総称のことをいいます。腸内でビフィズス菌などの善玉菌が作り出している物質が乳酸菌生産物質のことなのです。

 

なぜ体外から乳酸菌生産物質を摂取するのか?

乳酸菌生産物質は、生きた菌ではなく腸の中の善玉菌が代謝している物質を摂取することで腸内環境を良くするというものになります。
腸内細菌のバランスを正常に保って免疫などに関与することによって、人の健康を維持しているという働きがあります。

 

一般的に乳酸菌の含んでいるヨーグルトなどの発酵食品を食べれば腸内環境は良くなるとされています。
しかし、発酵食品で摂取する乳酸菌の量は少なく腸内の善玉菌として働くのはごく少量だと考えれています。
また、外から取り入れた菌は腸内ではなかなか増殖しないのです。

 

乳酸菌生産物質をサプリメントなどで取り入れよう

しかし、外側から乳酸菌生産物質を補っていくことによって腸内環境を良くしていくことができるとされています。
ただ、乳酸菌生産物質は本来人の体内で善玉菌が作る物質です。
食品から直接取ることはできず、ヨーグルトなどの食品を食べても腸まで届くのは
難しいという乳酸菌の特性から体内で作られる量も少ないものです。

 

効果的に増やしたいという場合には、サプリメントが効果的です。
現在では乳酸菌生産物質を生み出す技術が確立されており、商品化されています。
サプリメントであれば十分な量を効率よく摂取できるようになっており、他の健康に有効な成分も配合されているためオススメです。

↓↓乳酸菌サプリで免疫力の向上が期待できる人気リスト↓↓

>>乳酸菌サプリの人気ランキングはコチラから確認できます!<<